おちょやんとわろてんかが似てる!風鳥亭や成田凌が出てくる?

おちょやん わろてんか 似てる
スポンサーリンク
 

2020年後期の朝の連続テレビ小説
おちょやん』がスタートしました!

 

主人公の千代のモデルとなって
いるのは、昭和の時代に活躍した
女優の浪花千栄子さん。

 

ヒロインを演じるのは杉咲花さんです。

 

大阪・道頓堀を舞台に、
喜劇女優、映画女優を目指す
ストーリー。

 

今回は

おちょやんのストーリーがわろてんかに
似てる?
風鳥亭もドラマに出てくるの?

ということで気になったので
調べてみました!

スポンサーリンク

おちょやんのあらすじは?

 

おちょやんは、戦前から戦後の
大阪で貧しく生まれた少女が
女優を目指す生涯を描きます。

 

千代が9歳まで生まれ育ったのは
大阪の南河内。

 

飲んだくれの父・テルヲと弟と
3人暮らしで、千代が家のことや
養鶏場の世話をしていたため、
小学校には行けませんでした。

 

そんなある日、テルヲが新しい母親
として栗子を連れてきます。

 

ようやく家事をしてくれるお母さんが来た!
学校に行ける!と喜んだ千代でしたが、
栗子はテルヲに負けず劣らずの朝寝坊。

 

全く家のことをしようとしません。

 

口が達者な千代と栗子は
対立していく仲に。

 

そして千代は9歳で大阪の道頓堀に
女中奉公に出されます。

 

そこで芝居の世界に出会い、
女優を目指し始めるのです。

スポンサーリンク

おちょやんとわろてんかが似てる!

大正から昭和を描く大阪が
舞台の朝ドラということで

2017年に放送された
わろてんか”を思い浮かべた方も
多いのではないでしょうか?

 

わろてんかは吉本興業の創業者・
吉本せいをモデルにして、
葵わかなさんがヒロインを務めました。

 

わろてんかの詳しい時代設定は
明治後期〜昭和初期なので、
おちょやんよりも少し前の時代を
描いていたことになります。

 

おちょやんとわろてんかの違いは
おちょやんはヒロイン自身が女優を
目指していきますが、

わろてんかはヒロインが女優ではなく
寄席興行会社の女社長でした。

 

おちょやんのヒロイン・千代は
最終的には映画女優として
活躍していきますが、

それまでに喜劇界にも足を踏み
入れるんですよね。

 

それがモデルの浪花千栄子さんは
松竹で、わろてんかのモデルの
吉本せいさんは吉本
なんです。

 

わろてんかと被るように感じる方も
多いかもしれませんが、時代としては
被っているし、同じ時代を生きていた
という意味で関連はありそうです。

 

風鳥亭や成田凌が出てくる?

実際に、すでに予告編では
わろてんか関連のセットや小道具が
登場していたみたい!

 

すごい!風鳥亭!
こういうの見ると、朝ドラファンは
テンションが上がりますよね♪

 

もしかしたらセリフの中でも
風鳥亭が出てきたりするかも?

 

喜劇の時代のシーンでは
結構楽しめそうな気がします♪

 

でも、個人的にめちゃめちゃ混乱
しちゃうのが、成田凌さんの存在。

 

おちょやんでは成田凌さん、
喜劇一座の座長の息子役を
演じているんですが、モデルは
渋谷天外という松竹新喜劇の役者
なんですよね。

 

あれ?成田凌さん、わろてんかでは
ヒロインの息子役を演じていて、
モデルとなった吉本興業で雑用などの
修行をしたりしていました。

 

わろてんかでは吉本、
おちょやんでは松竹
なんです(笑)

 

わろてんかでは俳優だったわけではないので、
役柄は全然違うんですが、吉本だった人が
松竹に…(笑)

 

千代の夫になる重要人物なので
すぐに松竹の喜劇俳優だという
認識に切り替わるとは思いますが、
それにしても既視感あり過ぎますよね。

おちょやんとわろてんかが似てる
と言われまくっていますが、
だからこそ、おちょやんに出てくる
わろてんか絡みを楽しみの一つに
視聴するのも良いかなと思いました♪

 

おちょやんとわろてんかが似てる?まとめ

・2020年後期の朝ドラおちょやんの舞台は
大阪・道頓堀で、ヒロインが映画女優を目指す
ストーリーを描く。

・途中、喜劇界にも足を踏み入れるので
2017年の朝ドラわろてんかに似てるのでは?

・時代背景はわろてんかの方が先だが、
同じ喜劇が盛んな時代を生きていることになる。

・モデルは、わろてんかは吉本新喜劇創業者で
おちょやんは松竹新喜劇の女優である。

・おちょやんの予告編ではわろてんかに
登場した風鳥亭の旗が映っていたことから、
何かしらおちょやんの中でわろてんかも絡んでくる?

・おちょやんでヒロインの夫役で喜劇俳優を演じる
成田凌さんは、わろてんかではヒロインの息子を
演じていた。

 

スポンサーリンク