早川隆久の身長体重は?トレーニング方法とルーティンのチャーハン店!

早川隆久 身長

2020年10月26日に注目の
プロ野球ドラフト会議が行われます。

 

そこで1位指名競合が確実視
されているのが、早稲田大学の
早川隆久』投手です。

 

木更津総合高校の時から
注目されていたピッチャーが
ついにドラフトに登場!

 

今回は

早川隆久投手の身長や体重、
トレーニング方法や細かい?
ルーティンについて

情報をまとめていきます!

スポンサーリンク

早川隆久のプロフィール

 

早川隆久投手は
1998年7月6日生まれ
現在22歳です。

 

千葉県出身ということで、
やはり好きな球団は千葉ロッテ。

 

ドラフトに向けてのインタビューでも
ロッテに入りたい、と逆指名しちゃってたとか(笑)

 

ロッテも1位指名を明言して
いますし、両想いなので、
その想いが交渉権獲得に
繋がると良いですよね。

 

あとは運次第…

 

中学、高校、大学の成績は?

早川投手は

横芝光町立上堺小学校
横芝光町立横芝中学校
木更津総合高校

を経て、早稲田大学に入学
しました。

 

木更津総合高校は甲子園出場の
強豪校としても有名で、プロ野球
選手も多数輩出しています。

 

早川投手がエースとして出場した
3年生の時の甲子園では、過去最高の
ベスト8進出。

 

この時からすでにドラフトでは
注目の選手だったんですが、
早川選手はプロ志望届は出さず、
大学進学を選びました。

 

高校生には通用する球も、
U-18の壮行試合で大学生と
戦った時に打たれてしまい、
差を感じたのが理由だったとか。

 

そこで急がず焦らず、大学進学を
決断したことはすごいですよね。

 

注目されても冷静でいれた
ということが、今年のドラフトの
1位指名競合と言われる成長に
繋がったと思います。

 

早稲田大学では1年生の時から
リーグ戦に登板し、3年生ですでに
エースに。

 

4年生の夏に自己最速の
155km/hを記録し、
それも一気に注目されるきっかけに
なりましたね!

 

変化球も多彩なところは
即戦力としての期待も
大きいでしょう。

 

身長体重は?

早川投手は

身長180cm
体重76kg

という、すでにプロ野球選手の
中でも引けを取らない体格
だと思います。

 

高校の頃から180cmあって
体重も70kg台なので、
元々やっぱりピッチャーとしての
体格は良いですよね。

 

大学4年間で少し体重は
増えているみたいなので
筋力アップしているんでしょう。

スポンサーリンク

早川隆久のトレーニング方法

早川投手が大学4年間で
技術面で成長した裏には
ファンクショナルトレーニング
があります。

 

ファンクショナルトレーニングとは
一つの筋肉に対する筋力トレーニングではなく、
怪我の予防やパフォーマンスの向上を図る
ことを目的とした、身体の使い方や連動性を
考えながら行うトレーニングです。

 

体幹強化で使われる
メディシンボールを使った
トレーニングや片足ジャンプなど
ウエイトトレーニングに比べると
地味な動きが多いトレーニングですが、

だからこそどんな風に上半身と下半身が
連動しているのか?というのを考えながら
動かすことができるんですね。

 

そういうことを考えて実感することが
投球フォームにも良い影響を与えて
いるのです。

 

高校時代からそんなにも身長も体重も
数値的には変わっていませんが、
体格が大きくなったと周りは感じているようで

それは、身体の使い方を習得した
投球フォームのダイナミックさみたいな
ものが関係しているのかもしれませんね。

 

怪我をしない身体づくりで、
少しでも長くプロ野球生活が送れる
ように応援しています!

 

ルーティンのチャーハン店!

ドラフト会議の前に、テレビで
インタビューを受けていた
早川投手。

 

その中で語った、細かすぎる
ルーティンが話題になっています。

 

高校の頃から早川投手のルーティンは
注目されていたようですが、
今回注目したのはルーティンの中にある
炒飯の文字。

 

文字だけ見ると、お昼は炒飯を作って
食べるのがルーティンなのかな?
でもなぜ炒飯?と色々疑問点が出て
きたんですが、

どうやら試合前日にメンバーで
訪れる定食屋さんを指している
ようですね。

 

西武新宿線・西武柳沢駅、
早大の合宿所近くにある
定食屋“明喜屋(めいきや)”は
早大バッテリー陣の行きつけのお店。

 

早川投手は試合前日に訪れると
毎回炒飯大盛を注文します。

 

炭水化物でエネルギーチャージを
するのに、ここのパラパラ炒飯が
とっても食べやすいんだそう。

 

アットホームな雰囲気で、
早大生にとっては実家に帰ってきたような
安心感があって、

そういう場所で食べるいつものメニューが
やっぱり試合前日に落ち着くために必要
なんだと思います。

 

ドラフトが決まった暁には、
炒飯でお祝いするんでしょうか♪

 

【追記】

早川隆久投手の交渉権は
楽天イーグルスが獲得しました!

 

おめでとうございます!

 

早川隆久の身長と体重やトレーニング方法まとめ

・早川隆久投手は早稲田大学出身の
自己最速155km/hを投げるサウスポー。

・身長180cm、体重76kgは
木更津総合高校時代から
あまり変わらないが、見た目の体格は
大きくなっている印象。

・身体の使い方や連動性を意識して
行うファンクショナルトレーニングを
実践していた。

・細かすぎるルーティンが話題!
試合前日に食べる炒飯は、
早大野球部の寮の近くにある
定食屋“明喜屋(めいきや)”のもの。

 

スポンサーリンク