山田真貴子の夫(吉田博史)は総務省で経歴は?子供の年齢や学歴も気になる!

山田真貴子 夫 吉田博史
スポンサーリンク
 

現在、内閣広報官を務める
山田真貴子』氏。

 

菅総理の長男の接待問題で、
山田氏も会食に行っていた
という報道が出て、注目されて
います。

 

“女性初の”という経歴を
いくつかお持ちの優秀な方
だと思っていたのですが…

 

今回は

山田真貴子氏の夫の経歴や、
現在の子供の年齢について

まとめていきます。

スポンサーリンク

山田真貴子の経歴は?

 

山田真貴子氏は
1960年9月13日生まれの
現在60歳です。

 

東京都出身で2020年9月に
女性初の内閣広報官となり
話題になりました。

 

東京学芸大学附属高等学校を経て
早稲田大学法学部に入学。

 

ご実家が、早稲田大学から徒歩15分
ほどのところにあり、早稲田大学に進学
するのが自然の流れだったそうです…

 

自然な流れで入学できちゃうのが
すごいですよね(笑)

 

早稲田大学を卒業後、
1984年4月に郵政省
入省しました。

 

以降は、当時の文部省、文部科学省、
総務省、経済産業省などの内部部局
に務め、

世田谷区の助役や副区長
務めていたこともあります。

 

順調に職務をこなして
以下、“女性初”として
注目される存在に。

 

2013年 女性初の内閣総理大臣秘書官
2015年 総務省情報通信国際戦略局長。女性初の総務省局長
2016年 総務省大臣官房長。全省庁初の女性官房長
2019年 女性初の総務審議官
2020年 女性初の内閣広報官

 

同じ女性としては誇らしい気持ちで
活躍は嬉しいんですけどね。

 

夫(吉田博史)は総務省!

山田氏のご主人も官僚です。

 

吉田博史氏は現在、
総務省情報流通行政局長と
官房総括審議官を兼務しています。

 

奇しくも、菅総理の長男との
接待問題で異動となった
秋本芳徳氏の後任。

 

もしかしたら、妻も処分を受けるかも
しれないですし、複雑な立場にいる
でしょうね。

 

吉田氏は東京都出身の
現在57歳で、
東京大学法学部を卒業後、
1987年に郵政省に入省しました。

 

郵政省と言えば…
妻の山田氏も吉田氏入省の3年前に
郵政省に入省していますね!

 

奥さんの方が3年先輩にあたる
ということになります。

 

以降は、総務省で情報通信、流通等
内部部局に務めていました。

スポンサーリンク

山田真貴子の子供の年齢や学歴も気になる!

山田氏と吉田氏は郵政省に
同時期に務めていたこともあり、
お二人の馴れ初めは郵政省時代に
なるのかなと思われます。

 

お二人が結婚された時期は
明確になっていませんが、
山田氏は30代半ばに息子さんを出産
しています。

 

海外勤務中の出産だった
ということで、山田氏は根っからの
キャリアウーマンだったんですね!

 

2016年頃のインタビュー記事で、
息子さんは高校生だと言っていたので、
2021年現在は21〜23歳、
大学生くらいですね。

 

通っている大学なんかも
やはり両親ともに官僚となれば
気になるところです!

 

しかし、残念ながらどこの大学に通っている
のかは明らかになっていません。

 

早稲田か東大か、に通っている
ことに期待してしまいますが★

 

山田氏自身は幼少期の息子さんに、
出張などで会えない、家に帰れない
理由として、仕事の内容をいちいち
伝えていたんだそう。

 

もちろん、内容なんかは理解できていない
とは思いますが、忙しいお母さんの姿は
嫌という程見てきたでしょうね。

 

官僚の両親の姿を見てきて、
息子さんは一体どんな道を
選ぶのか…

 

もしかしたら、親子3人で
官僚なんてこともあるかも?

 

まぁ、今回の接待問題で
山田氏がどうなるのかは
わかりませんが…

 

山田真貴子の夫(吉田博史)の経歴や子供の年齢まとめ

・菅総理の長男との接待問題で話題の
山田真貴子氏は現在女性初の内閣広報官。

・夫は総務省の吉田博史氏で、
山田氏が郵政省に入省した3年後に
吉田氏も郵政省に。

・子供は息子が一人。
現在大学生?

 

スポンサーリンク