プロフィール

クォンウンビの経歴や歌は上手いの?日本での人気やソロの評価

プロフィール
スポンサーリンク
 

2018年にMnetで放送されたサバイバルオーディション番組『PRODUCE48』で最終順位7位という功績を残したクォン・ウンビさん。

2018年10月にオーディション番組から結成されたグループ”IZ*ONE”のメンバーとしてデビューしました。

IZ*ONEは世界中で人気のあるグループでしたが期間限定の結成だったため、2021年4月にグループ活動が終了。

その後、ソロデビューを果たしました。

 

今回はそんな

  • クォン・ウンビの経歴や歌は上手なの?
  • クォン・ウンビの日本での人気やソロの評価について

まとめてみました。

 

スポンサーリンク

クォンウンビの経歴

まず最初にクォン・ウンビさんのプロフィールをご紹介していきます。

本名:クォン・ウンビ
生年月日:1995年9月27日
出身地:韓国 ソウル特別市
身長:160cm
体重:46Kg
血液型:A型
学歴:ソウル公演芸術高等学校 実用舞踊科→東亜放送芸術大学 放送芸能系列K-POP専攻
所属事務所:Woollimエンターテインメント

 

幼少期から歌手になることを夢見ていた彼女。

中学2年生の時に夢を実現するためダンススクールに入学しました。

2014年に”PLAY”というダンスチームに所属しており、SecretやGirl’s Dayといった人気グループのバックダンサーをしていた過去があります。

同年には”KIROY COMPANY”という事務所からガールズグループ「Ye-A」のメンバーとしてデビューしましたが、2015年に事務所の都合で解散。

YE-A (예아) Up N Down (Dance Version) MV – YouTube

 

彼女はWoollimエンターテインメントに移籍しています。

その後は練習生としてバックダンサーやフィーチャリングとして活動し、2018年に行われたサバイバルオーディション番組『PRODUCE48』に出演。

最終順位7位でIZ*ONEのメンバーとしてデビューをつかみ取りました。

2021年にIZ*ONEが解散したのち、2021年8月には所属事務所からソロデビュー

2022年10月、11月には日本でのファンミーティングも開催されることが決定しています^^

 

クォンウンビの歌は上手いの?

クォン・ウンビさんはIZ*ONE時代から歌の実力が高く評価されていました。

IZ*ONEのメンバーの中では2番目に歌が上手である、という評判が多く、同じくIZ*ONEメンバーのチョ・ユリさんの次に上手だとも言われています。

高音・低温ともにキレイに出ていて、音域も広いという評価もありました。

SNS上での彼女の歌声についての感想にはこのようなものがありましたよ。

 

やはり彼女の歌は上手だという評価が圧倒的に多かったですね!

 

スポンサーリンク

クォンウンビの日本での人気

ではクォン・ウンビさんの日本での人気はどの程度なのでしょうか。

2022年8月10日に日本の公式ファンクラブ・公式Twitterが開設され、これから日本での活動も活発に行っていくことが予想できますね。

彼女が所属していたグループIZ*ONEは日韓合同のオーディション番組だったために、日本の番組ファンや視聴者も多かったです。

IZ*ONE自体が日本で音楽活動をしていたこともあり、日本での彼女の認知度も高いのではないでしょうか。

日本での彼女の人気自体は明らかではありませんが、日本のファンクラブ・Twitterが開設されたことやIZ*ONEの日本人気を考慮すると、彼女も日本で相当人気があるのでは?と予想できますね。

 

クォンウンビのソロの評価

クォン・ウンビさんは現在韓国でソロ活動をしていますが、ソロでの評価はどうなのでしょうか。

2021年8月24日に公開された”Door”のMVが約1年後の2022年8月で再生回数1343万回

2022年4月4日に公開された”Glitch”のMVが約4カ月後で再生回数1471万回となっています。

ソロデビュー曲”Door”ではビルボードワールドデジタルソングセールスチャートで3位を獲得という好成績でした。

2021年にソロデビューした女性の中で最も高い成績を記録したとも言われているので、彼女のソロデビューは大成功だったのではないでしょうか。

 

まとめ:クォンウンビの経歴や歌は上手いの?日本での人気やソロの評価

今回はクォン・ウンビさんの経歴や歌は上手なの?日本での人気やソロの評価についてもまとめてみました。

クォン・ウンビさんは歌のダンスも上手であると高い評価を受けているようです。

また、日本でも人気があり今後は日本での活動にも注目が集まりそうですね。

 

スポンサーリンク