ロザリーナの出身地やハーフの噂?発音や歌い方の評判は?

ロザリーナ 出身地
スポンサーリンク
 

2020年12月25日公開の映画
“えんとつ町のプペル”の主題歌を
歌っている歌手の『ロザリーナ』さん。

 

えんとつ町のプペルの世界観に
ピッタリな歌声で、プペルを描いた
キングコングの西野亮廣さんの
見る目ってすごいんだなと思いました(笑)

 

今となってはプペルはロザリーナさん
以外には考えられないなと思います!

 

今回は

ロザリーナさんの歌声を聴いて、
出身はどこなのか?ハーフの噂がある?
歌い方の評判について

まとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

ロザリーナの年齢や身長は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ロザリーナ(@lozareena)がシェアした投稿

 

私がロザリーナさんを知ったのは
2018年のプペルのひかる絵本展
でした。

 

会場でずーっとプペルの曲が
流れていて、頭にずーっと
残り続けるような歌と歌声で。

 

キンコン西野さんがロザリーナさんの
才能を大絶賛して、西野さんが
作詞作曲したプペルの歌を歌う
ようになったのが2016年。

 

そんな前からだったのか
と今回の映画化を前に
改めて色々と知ることができました。

 

でも、ロザリーナさん自身の
プロフィールは詳しいことは
明らかになっていないんですよね。

 

プロフィールについては
私がロザリーナさんを知った
2018年にも気になって調べたけど
詳しくはわからなくて、

そこから2年経ってもわかることが
増えてないという(笑)

 

本名もわからなくて、
ロザリーナという名前は
癒し・リラックス効果をもたらすハーブ
“rosalina”に由来しています。

 

年齢とか何歳なのかめっちゃ
気になるけどそれも公表されて
いないんです。

 

こういう西野さんとのやり取りを
見ていると、若いんだろうなー
と思うぐらいでしょうか(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ロザリーナ(@lozareena)がシェアした投稿

 

ロザリーナさんが受けていた
インタビュー記事の中で、
進路に迷っている時に、

とにかく大学に行ってまで勉強を
したくないなというのがあった

と答えていたので、
高校卒業を機に歌手を目指して
活動をしていたのかなと考えられます。

 

インディーズ時代にプペルを
歌っているので、それが20歳前後
だと考えると、現在は25歳前後
というところでしょうか?

 

ロザリーナさんは小柄な感じも
かわいいと人気ですよね♪

 

こちらも西野さんとのツーショットで
西野さんが173cmなので…

 

この投稿をInstagramで見る

 

ロザリーナ(@lozareena)がシェアした投稿

 

ロザリーナさんは
150cm台前半ぐらい?

 

ロザリーナさんがめちゃめちゃ
小さく見えるし、西野さんも
そこまで身長高い!って感じ
じゃないですけど、デカく
見えますよね(笑)

 

出身地やハーフの噂?

出身地は東京都
ということは明らかになって
いるんですが、

ハーフの噂なんかもあって
これは多分歌い方にあるのかな?
と思いました。

 

ちょっと舌足らずな感じが
日本語に不慣れな印象
与え、ハーフなのか?と
言われるのかも。

 

実際にハーフかどうかは
明らかになっていません。

 

髪色とかメイクの仕方が
外国人っぽい雰囲気だし、
お人形さんみたいな感じで
色々想像を掻き立てるんでしょうか…

スポンサーリンク

ロザリーナの発音や歌い方の評判は?

ロザリーナさんの歌声の
特徴は何と言ってもハスキー
ですよね。

 

ちょっと中性的な感じにも聴こえて
男性っぽく聴こえることもあって
歌によって雰囲気が違うなーと
思います。

 

でも、喋ってる声そのままで
歌ってるんですよね!

 

さっきの西野さんとのトークで
普通に喋ってる声を聞くと
ハスキーですごく素敵だなー
と思いました。

 

プペルの試写会で披露した
生演奏では“ル”の発音
についてこんな裏話が
ありました(笑)

 

意識して聴いても
ちゃんと“ル”には聴こえるけど
ちょっと危なっかしい感じでは
あるかもしれません(笑)

 

ところどころ英語っぽい発音で
歌うのは、洋楽の影響があるのかも
しれませんね。

 

高校生の頃からビートルズから
始まり、オアシス、コールドプレイ、
マルーン5を聴いて、

さらにアウル・シティーと出会って
デジタルとロックの融合に感銘を
受けたんだそう。

 

レゲエが好きな時期もあったようで
色々なジャンルから今のロザリーナ
さんの曲や歌声が出来上がっているの
かなと思いますね。

 

SNSでも、ロザリーナさんの
歌い方については

・外国人風な歌い方が好き
・Aimerやmiletに似てる
・癖のある歌い方がアクセントになってる

と好んで聴いている方もいれば
歌い方は癖があるので苦手
という方ももちろんいますね。

 

私は最初、歌い方はちょっと気になるな〜
と苦手意識もあったんですが、
プペルの世界観と一緒に聴くと
めちゃめちゃ良いんですよね。

 

世界観を表現できるって
やっぱり素晴らしい歌手なのかな
って思いました。

 

ロザリーナさんが歌う
えんとつ町のプペルの主題歌は
2020年12月23日に発売される
ロザリーナさんのミニアルバム
“ロザリーナⅡ”に収録されています♪

 

ロザリーナの出身地やハーフの噂まとめ

・えんとつ町のプペルの主題歌を歌う
ロザリーナさんは本名や年齢など
プロフィールが公開されていない
アーティスト。

・出身地は東京都だが、歌い方や
喋り方、容姿などでハーフなのか?
と噂されている。

・舌足らずな発音やハスキーボイスが
人気で、えんとつ町のプペルの世界観を
素晴らしく表現している!

 

スポンサーリンク