上白石萌音が英語ペラペラなのは帰国子女だから?メキシコにいたのはなぜ?

上白石萌音 英語ペラペラ
スポンサーリンク
 

女優の『上白石萌音』さんが全編英語の
ドラマに挑戦しました!

 

NHKワールドJAPANで放送された
“Home Sweet Tokyo シーズン4”
に出演しています。

 

上白石萌音さんの英語力は
ネイティブ並とか!?

 

ということで

上白石萌音さんの英語がペラペラ
なのはなぜなのか?
帰国子女でメキシコにいた?

情報をまとめていきます!

スポンサーリンク

上白石萌音の英語力を動画でチェック!

 

上白石萌音さんが出演した
ドラマ“Home Sweet Tokyo
シーズン4”は、外国人の目から見た
「日本の暮らしにひそむ笑い」をユーモア
たっぷりに描いた作品です。

 

上白石さんは半年前に日本に
引っ越してきたイギリス人・ブライアンの
家に居候する親戚の娘・節子を演じます。

 

ありふれた日常の中で、言葉や文化が
違うから起こるすれ違いや、その違いから
生まれるおもしろさなど、小さな気づきが
いっぱいある作品とのこと。

 

このドラマの人物紹介を上白石さんが
英語でしてくれていますよ♪

 

以前には吹き替えを担当した
映画のインタビューにも答えていて
普通に英語で会話をする様子も
話題になっています。

 

通訳の前に英語で反応しているのが
本当にすごい…

スポンサーリンク

上白石萌音が英語ペラペラなのは帰国子女だから?

でもなぜこんなにも上白石さんは
英語がペラペラなんでしょうか?

 

上白石さんは明治大学の
国際日本学部に在籍している
という情報があります。

 

2020年春に卒業予定でしたが
無事に卒業したのかは明らかに
なっていません。

 

本当には大学や学部も噂でしか
ないのですが、
上白石さん自身はインタビューで

英語教育に力を入れている学部に
所属し、英語漬けの日々を送っている

ということを話していたこともあるので
大学では英語の勉強を中心にしていて
これだけ喋れるのもそのおかげなのかなと。

 

でも実は、上白石萌音さん萌歌さん姉妹は
帰国子女であることでも注目されていますね!

 

萌音さんが小学校3年生から5年生の時、
萌歌さんが小学校1年生から3年生
までの3年間、メキシコで生活を
していたんです。

 

なので二人とも、幼少期で日本語に加え、
英語とスペイン語も話せたとのこと。

 

やっぱり現地での語学取得が
一番効率的なんですね〜

 

しかも幼い頃だから覚えも良いし
怖いものがなくて馴染みやすいのかも。

 

萌音さんはスペイン語検定6級を
取得しています。

 

メキシコにいたのはなぜ?

でもなぜメキシコだったのか?
と言うと、お父さんのお仕事の関係
でした。

 

上白石萌音さんのお父さんは社会科の教師、
お母さんは元音楽教師でピアノの先生で、
お父さんがメキシコの日本人学校に勤めて
いたんですね。

 

単身赴任ではなかったことが
現在の上白石姉妹を作り上げて
いると思われます。

 

人前に出ることが恥ずかしかった
幼少期だったそうですが、
人との繋がりを大切にするお国柄
に影響を受けて、人と接することが
新しい人間関係を作ることが好きに
なったんだとか。

 

もしかしたらお父さんは、娘たちに
何か良い影響があるということを
確信していたのかもしれませんね。

 

音楽や歌で溢れているメキシコで
生活し、人との繋がりを感じ、
語学まで習得して、それが上白石姉妹の
現在の活動にすごく繋がっていることが
よくわかります!

 

今後の活躍も本当に楽しみです♪

 

上白石萌音が英語ペラペラ理由まとめ

・上白石萌音さんが全編英語のドラマに
挑戦し、ネイティブな英語を披露!

・過去にはインタビューで英語の
やり取りを披露していた。

・大学は英語教育に力を入れている学部で
英語漬けの日々を送っており、幼少期には
父親の仕事の関係でメキシコで3年間生活
していたことで、日本語、英語、スペイン語の
3ヶ国語を話すことができる!

 

スポンサーリンク