ど根性大根(大阪梅田)はどうなる?生えた原因や所有者は?

ど根性大根 梅田 どうなる

2020年11月5日頃からニュースで
話題になっている『ど根性大根』。

 

何と、生えているのは大阪・梅田の
ど真ん中!

 

毎朝の通勤で行き交う人が多い中
アスファルトを突き破って生えてきた
大根に、街の人も驚いています。

 

この大阪生まれのど根性大根は
これからどうなるのか?
どうやって生えてきたのか?

ということで調べてみました。

スポンサーリンク

ど根性大根(大阪梅田)はなぜ生えたの?

ど根性大根が生えているのは
こちら。

 

大阪の方、関西の方なら
馴染みのある歩道橋。

 

阪急百貨店と阪神百貨店を
繋ぐ歩道橋の阪神百貨店側の
下に生えているのです。

 

ニュースでも通行人の方が

「毎朝ここ通ってるんですけどね!?
気づきませんでした!」

と驚いていました。

 

そりゃ、まさか大根が生えている
とは思わないですよね。

 

上から見たら葉っぱだけだし
普通に雑草が生えていると思われて
いたんでしょう。

 

むしろ、最初に見つけたのは
どなたなんでしょうか?

 

そしてそもそもどうやって
こんなところから大根が?

 

ニュースの中での見解としては

・ここを通った誰かの服に大根の種が
付いていて、それがここに落ちた。

・カイワレ大根をデパ地下で買い、
生き残ってた種がここに落ちた。

こういうことが考えられるそうです。

 

カイワレ大根ってそもそも何や?
と考えてみると、大根の発芽直後の
茎なので、ホント、種が生きていたら
大根が育ちますよね。

 

すごいな、ホントすごいな。

 

誰にも気づかれず、水もあげていない、
しかも日陰ということなので、
生命力の強さを感じずにはいられません。

 

所有者は?

この大根は一体誰の所有に
なるんでしょうか?(笑)

 

誰が食べるのか?気になります(笑)

 

歩道橋自体は、梅田新歩道橋
と言われていて、
阪急阪神連絡デッキという
名前が付けられています。

 

歩道橋は大阪市が所有者になるん
ですかね?

 

歩道橋の命名権は阪急が持っている
という感じなんです。

 

大阪市が良いように大根を
どうにかしてくれたら良いん
ですけど、ここまで有名になっちゃったら
イタズラする人とかも出てくるんじゃない
かなーとか思っちゃいますよね。

スポンサーリンク

ど根性大根(大阪梅田)はどうなる?

2005年に兵庫県の歩道のアスファルト
から大根が生えていたのを覚えている
でしょうか?

 

ど根性大根の大ちゃんと名付けられ
すごく話題になりました。

 

相生市の町おこしには一役買い、
ご当地キャラが誕生するなど
時の人…時の大根?になったのです。

 

そんな大ちゃんは何と…
何者かによって上半分を
折られてしまうという大事件が発生。

 

しかし、バイオ技術を駆使したクローン培養
という方法で、大ちゃんは生き残り、
現在も相生市の畑で、大ちゃんの子孫は
しっかりと生き抜き、市場や農協で
販売されているんだそうです!

 

折られるなんて、すごく悲しい出来事が
起こってしまいましたが、それでもやっぱり
さすが、アスファルトをぶち抜いて生えて
きた大根だけあって、生命力が強かったん
ですね。

 

さて、梅田の大根は今後どうなるんでしょうか?

 

このまま生えっぱなしで
最終的にしおれて終わり、、、
なんてことにならないように、

大阪梅田産の大根として
デパ地下などで売られるように
なったりしたらおもしろいんですが。

 

元々の種がどこ産の大根だったのか、
とかもわかるのかな?

 

そういうので、地域同士が繋がったり
地域の活性化に繋がったりすると
良いですよね。

 

【追記】

11月8日の夜に、何者かに
引き抜かれた跡が
発見されました…

 

一番あって欲しくなかった
事態ですよね。
とっても悲しいです。

 

引き抜かれた後の穴には
わけぎが残されていた
そうです。

 

ど根性大根(大阪梅田)が生えた原因やこれからのまとめ!

・2020年11月に大阪・梅田の歩道橋のたもと
(阪神百貨店側)に大根が生えているのが発見
された。

・誰かの服に付いていた大根の種がここに落ちたか、
デパ地下で買ったカイワレ大根に生き残っていた種が
あり、それが落ちて発芽した?

・大根の所有者=歩道橋の所有者は大阪市?

・ニュースになってから3日後くらいに
何者かによって引き抜かれた…
悲しい…

 

スポンサーリンク