岡田直弓のパワハラLINE画像!専属ドライバーの条件がひどい!?

岡田直弓 パワハラ LINE
スポンサーリンク
 

芸能事務所“スウィートパワー”の
岡田直弓』社長のパワハラ問題を
週刊文春が報じています。

 

岡田社長と言えば、2021年3月には
タレントへのセクハラ問題が明るみに
なったばかり。

 

今回は、社員へのパワハラが
明らかになりました。

 

晴子
岡田直弓が社員に送ったパワハラLINEの内容とは?
社長専属ドライバーの条件がすごかった!

ということでまとめていきます。

 

スポンサーリンク

岡田直弓のパワハラLINE画像!

 

今回週刊文春が報じたのは
スウィートパワーの社長
岡田直弓社長による社員への
パワハラです。

 

その内容とは、

・日々の業務が社長が気に入らない
タイミングで行われると「死ね」と
数十分間怒鳴り散らされる。

・お気に入りの道を通らなかった
という理由で、後部座席から
運転席を蹴り上げられる。

・少しでも連絡が付かないと
「死ね」とLINEを送ってくる。

・タレントが乗る車を運転して、
車を擦るなどの自損事故を
起こした際には、ぶつけた本人が
自腹で修理。

・保険の等級が下がってしまうという
理由で高くなった保険料を支払わされる。

 

社員に対しての罵倒が信じられませんし、
車の修理代を自腹で払わせるなんて
もってのほか。

 

車を擦ったりすることもあるから
保険で守られているし、
社員は会社から守られているはず。

 

LINEでパワハラ発言を送った
という画像がこちらです。

 

どんなに強い人でも、
こういう言葉を送ってこられたら
良い気分はしないし、

精神的に病んでも仕方ない
状況です。

 

SNSでの反応は

「社長の思考回路が理解できんわ…。」

「全然スウィートじゃなくて
ただのパワーやんか。」

「どんどんどんどん明るみになって
地獄に落ちればいい。」

 

今すぐ、所属タレントと社員を
救ってあげてほしいです。。。

スポンサーリンク

岡田直弓の専属ドライバーの条件がひどい!?

スウィートパワーの求人がたまたま
出てきたのですが、
過去に社長専属ドライバーの募集を
していました。

岡田直弓 パワハラ

社長多忙につき、
「あと10分で赤坂に行って」などの要望あり。
都内の混雑もスルリと抜けられるぐらいの知識が欲しいです。

 

いやいや!ドライバーの募集なら、
まずは安全運転が第一でしょ!?

 

一番上にこの条件がある時点で
真っ黒な会社なのでは…

 

芸能事務所の専属ドライバーって
みんなこんな条件なのか?
調べてみましたが、

まぁ当たり前ですが

・常に冷静に安全運転を心掛けてる方
・コミュニケーション力のある方
・常に誠実に人と接することのできる方
・運転が好きな方

こんな感じで書いているところが
ほとんどですよ。

 

10年以上前の募集なので
本当にずっとそういうパワハラが
行われていたということがわかります。

 

なぜもっと早くセクハラや
パワハラが明らかにならなかったのか?

 

一刻も早くタレントや社員を
救える手段がありますように…

 

セクハラ被害を受けたタレント
についてはこちらの記事に
まとめています。

 

岡田直弓のパワハラLINE画像まとめ

・2021年5月発売の週刊文春で
芸能事務所のスウィートパワーの
岡田直弓社長のパワハラ問題が報じられた。

・社員に対し「死ね」などの罵声を浴びせたり、
擦った車の修理代を個人で負担させるなどの
パワハラが行われてきた。

・10年以上前の社長専属ドライバーの
求人情報から、無理な条件での募集が
行われていた。

 

スポンサーリンク