ドラゴン桜2|龍海学園高校のモデルはどこ?ロケ地はとちぎ海浜自然の家!

ドラゴン桜2 龍海学園高校 モデル
スポンサーリンク
 

2021年4月期の日曜劇場で放送
されるドラマは『ドラゴン桜』です。

 

2005年のシーズン1から16年の時を経て
令和版のドラゴン桜が放送となります!

 

主演の阿部寛さんは変わらず、
舞台となる学校や生徒は一新。

 

現代の受験事情に合った勉強法も
注目されますね!

 

今回は、

晴子
ドラゴン桜2で舞台となっている龍海学園高等学校の
モデルになった学校はどこなのか?
ロケ地も気になる!

ということで調べてみました!

 

スポンサーリンク

ドラゴン桜2|龍海学園高校のモデルはどこ?

 

「つべこべ言わずに東大に行け!」
ドラゴン桜2でも、このセリフと共に
落ちこぼれ生徒に寄り添い、

そしてドラマを見る学生や親、
教師がスカッとできる時間に
なること間違いなし!

 

2005年のドラゴン桜では
経営難の三流私立校・龍山高校
が描かれていました。

 

原作漫画のドラゴン桜2では
第1シリーズで描かれた龍山高校が
進学校となり、偏差値50前後の
高校生が1年で東京大学を目指す
というあらすじになっているのですが、

今回放送される2021年版のドラマでは
龍山高校とは全く別の高校
龍海学園高等学校が登場します。

 

龍海学園高校は偏差値32で
経営破綻寸前。

 

初期の龍山に匹敵する落ちこぼれ校
という設定です。

 

原作にもない、ドラマオリジナル
学校になります。

 

第1シーズンでは東大合格を
目指すために集められた教師たちが
実在する予備校の講師をモデルに
していた、ということもあったので、

高校も実際にこういう学校があって
実話として描かれているのか?
と話題になっていました。

 

しかし、第1シーズンの龍山高校も
龍海学園高校も、特にモデルと
なっている学校はないとのことです。

 

第1シーズンの原作では
龍山高校の外観や内部のモデルは
聖光学院中学校・高等学校
とされていましたね!

 

今回の龍海学園高校は、ドラマ
オリジナルの学校なので、
龍山高校のような外観などでも
モデルとなった学校はありません。

 

ということで、ドラマで使われている
ロケ地が気になるところですね!?

スポンサーリンク

ドラゴン桜2|龍海学園高校のロケ地はとちぎ海浜自然の家!

第1シーズンでは原作の龍山高校の
モデルは聖光学院中学校・高等学校。

 

ドラマの龍山高校として
ロケ地で使われたのは
神奈川県横浜市鶴見区にある
神奈川県立寛政高等学校
でした。

 

今回の龍海学園高校も
どこかの学校が使われるのか?
と予想されましたが、

実際にロケ地として使われたのが
茨城県にある、とちぎ海浜自然の家
という宿泊も可能な学習施設です。

 

さらには、これまでもさまざまな作品で
ロケ地として使用されてきた
旧足利西高校でも、一部撮影されて
いるとのこと。

 

撮影場所やロケ地も色々と
気を使わないといけない
中なので、苦労も多いと
思いますが、

無事に撮影を終了して、
楽しいドラマを届けてくれる
ことを期待しています♪

 

ドラゴン桜2|龍海学園高校のモデルの学校やロケ地まとめ

・2021年4月期の日曜劇場で放送される
ドラマ“ドラゴン桜2”では、原作にはない
オリジナルの龍海学園高校を舞台に
ストーリーが展開される。

・龍海学園高校自体には
モデルとなった学校はない。

・ロケ地はとちぎ海浜自然の家と
旧足利西高校であることが明らかに
なっている。

 

スポンサーリンク