珈琲いかがでしょう|青山一の正体と右手の手袋のネタバレ!

珈琲いかがでしょう 青山 正体
スポンサーリンク
 

2021年4月期から、テレビ東京の
ドラマプレミア23という枠でドラマの
放送がスタートします。

 

その第一弾のドラマが
珈琲いかがでしょう』。

 

人気の漫画を原作で、
漫画のファンからもドラマ化
するなら主人公は中村倫也さん
だと言われていて、
それが現実になりました!

 

今回は、

晴子
珈琲いかがでしょうの主人公・青山一の
過去や正体、なぜ移動珈琲屋をやっているのか?

右手の手袋は何?

ということでまとめていきます。

 

スポンサーリンク

珈琲いかがでしょう|青山一の正体や過去は?

 

主人公の青山一は、
移動珈琲屋・タコ珈琲の店主で、
一杯一杯丁寧に、誠実に淹れる
コーヒーが、人生に悩みを抱える
人たちの癒しとなっています。

 

ドラマでは青山一を中村倫也さんが
演じることになり、その情報の時に
金髪姿の中村さんのビジュアルが
公開されていたんですよね!

 

この姿には驚かれた方も
いるのではないでしょうか?

 

メインビジュアルでは黒髪の
中村さんだったので、ホッとしました(笑)

 

この金髪姿に青山の過去が
隠されているんですね。

 

原作の漫画のストーリーによると、

青山は10代の頃にヤクザになり、
冷徹非道、鬼のような仕事ぶりで
2代目組長のお気に入りの組員
でした。

 

青山が組から足を洗うに至ったのは、
コーヒーがきっかけだったのです。

 

ある時出会ったホームレスのたこさんが
淹れたコーヒーによって、次第に人の心を
取り戻し始めます。

 

しかし、たこさんは急死してしまいます。

 

それをきっかけにヤクザを辞める
決意をするのですが、
その頃、対立する組員との争いに
より、2代目組長が殺されてしまうのです。

 

青山は、この頃、3代目組長の
世話役として慕われていたこともあり、

青山は、2代目組長の遺言を聞いた上で
これ以上組同士の対立が続かないように、
そして、3代目も同じ目に遭わないように、
2代目組長を殺したのは自分だ
ということにしてその場を収めて失踪。

 

逃げた先で自首をして
刑期を終えます。

 

そして始めた移動珈琲屋。

 

実はたこさんは生前、妻と同じ
墓に入りたいということを青山に
話していたのです。

 

その願いを叶えるために、
青山はたこの家族の元に
骨を返そうと、移動珈琲屋を
しながら、たこさんの妻の
手掛かりを探しています。

スポンサーリンク

珈琲いかがでしょう|青山一右手の手袋の意味は?

青山のビジュアルの右手を見ると、
手袋のようなものをしていますよね。

 

柄もののバンダナ?ハンカチ?
のようにも見えます。

 

この右手こそが、青山が
ヤクザだったことを表しているのです。

 

組から足を洗う時に、ケジメとして、
右手の薬指と小指を切断
しているんですね。

 

それを隠すための手袋なのです。

 

ドラマではどこまで描かれるのかは
不明ですが、原作を読むと、
さらに詳しく青山の過去や、
人としての優しさや思いやり
みたいなものがわかりそうですね。

 

原作の漫画は、電子書籍サービスで
読むことができます♪

\珈琲いかがでしょうの原作を読みたい!/

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はコミックシーモア公式サイト
ひかりTVブック公式サイトを確認してください。

 

珈琲いかがでしょう|青山一の正体と右手の手袋のネタバレまとめ

・2021年4月期のテレ東ドラマプレミア23で
珈琲いかがでしょうが放送される。

・主人公の青山一を演じるのは中村倫也さん。

・青山は10代の頃にヤクザになり、
2代目組長のお気に入り、そして3代目組長の
世話役として仕えてきた。

・ホームレスのたこさんとの出会いで
珈琲の世界にのめり込み、ヤクザから
足を洗うことを決断。

・その際、ケジメとして右手の薬指と
小指を切断しているため、手袋で右手を
隠している。

 

スポンサーリンク