イチケイのカラス|原作と違いすぎる!カラスの意味や由来は?

イチケイのカラス 原作 違い
スポンサーリンク
 

2021年4月期の月9ドラマは
イチケイのカラス』です。

 

主演は11年ぶりの月9主演となる
竹野内豊さん!

 

そして、意外にも(?)月9初出演の
黒木華さんと共に、刑事裁判官を
演じます。

 

今回は

晴子
イチケイのカラスの原作とは?
キャラクター設定が全然違うの?

“イチケイのカラス”の意味や由来が気になる!

 

ということでまとめていきます!

スポンサーリンク

イチケイのカラス|あらすじは?

 

イチケイのカラスの主人公・
入間みちおは、東京地方裁判所
第3支部第1刑事部<通称:イチケイ>の
刑事裁判官です。

 

元弁護士という異色の経歴を持つみちおは、
ヒゲを生やし、服装はカジュアル、
ゆるい空気をまとい、とぼけた発言もしばしば。

 

お堅い裁判官のイメージとはほど遠い男
ですが、絶対に冤罪を生むことの無いよう、
自らの足で現場検証を行い、
事件の真相を明らかにしていきます。

 

先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、
徹底的に調べ上げる探究心を持ち、
弁護士団や検察官の双方から恐れられているクセ者。

 

そんなみちおが裁判官になった背景には、
過去のとある事件が深く関わっています。

 

そんなみちおがいるイチケイに、
若くして特例判事補になったエリート・
坂間千鶴が赴任してきました。

 

坂間は東大法学部出身で冗談が全く通じない
堅物タイプ。

 

坂間がイチケイに異動してきた目的は、
事件の処理件数が信じられないほど少なく、
会社なら倒産レベルの赤字状態である
イチケイを立て直すため。

 

現場検証を何度も行い、じっくりと
事件の真相を深掘りしていくみちおの
仕事スタイルに、反発してばかりの
坂間でしたが、

事件をただの“案件”ではなく
“一人一人の人生”として扱う
みちおの信念に気づいた時、
「判決を下すだけではなく、
裁判官として何ができるのか」
という問いに直面することになります。

 

イチケイのカラス|原作と違いすぎる!

イチケイのカラスの原作は
2018年に“モーニング”で
連載されていた漫画。

 

弁護士や検事にスポットを当てた
リーガル作品が多い中で
裁判官を主人公にした作品は
とても珍しいですよね。

 

それもあってか、あまり一般的には
受け入れられなかったのか、
漫画は打ち切りになってしまっています。

 

内容がリアルすぎる、
専門用語が難しい、など
という理由もあったのでは?
と言われていますね。

 

民放ドラマの中でも、刑事裁判官の
リーガルドラマは初とのことで、
今までなかったのも、そういう難しさや
受け入れられなさみたいなものが
あったのかも?

 

月9ドラマとしても楽しみにされている
方も多いと思いますが、原作を知っている
人にとってはちょっと不満も?

 

というのも、原作とかなり違う雰囲気に
なっているみたいなんですよね。

 

主人公が違う

え?と思いますよね(笑)

 

原作漫画では主人公は、
みちおではなく、イチケイに
配属された坂間の方。

 

だから、ドラマでみちおが主人公
となると、坂間から見たみちおの
描写がどう表現されるか?
というのが気になるところでしょうか?

 

性別が違う

さらにビックリなのが、
坂間の性別が違うのです。

 

原作では坂間は
坂間真平という男性。

 

それが、ドラマで坂間千鶴という
女性になっているので、原作を
知っている方はビックリですよね(笑)

 

坂間が男性であるからこその
おもしろさもあっただろうし、
それを上回る坂間らしさが
黒木華さんがどう演じるのか
気になるところです。

 

みちおの容姿が違う

原作のみちおはこんな感じ。

 

メガネのぽっちゃり

 

竹野内豊さんと全然違う!

 

これはだいぶ原作の世界観と
変わってしまうような気がしますね。

 

原作を知らずに見る方は
良いと思いますが。

 

全く別の作品、と思って見る方が
良いかも?

 

ちなみに、原作を知っている方は
みちお役は松尾諭さんが良い!と
言われていましたね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

松尾諭(@satoru_matsuo)がシェアした投稿

 

確かに容姿はピッタリだ(笑)

スポンサーリンク

イチケイのカラス|カラスの意味や由来は?

イチケイのカラスとはタイトルには
どんな意味が込められているのでしょうか?

 

イチケイとは、
東京地方裁判所第3支部第1刑事部
の“1刑”から“イチケイ”ですね!

 

ではカラスとは?
誰のことを言っているのか?

 

カラスを意味するのは、

裁判官の真っ黒な法服がカラスのようだから

というのが一番わかりやすい
例えかもしれません。

 

裁判官を始め、弁護士や検察官など
法廷で着用する服は、何色にも染まらない
黒色でなければいけない、とされています。

 

それに加えて、原作の中では
みちおは、坂間に

カラスになれ
俺達はカラスでいなきゃダメなんだ

という言葉をかけます。

 

坂間は最初はその意味がわからなかったのですが、
ある時、出会った占い師の机の上に
カラスの置物が置いてあり、

カラスとは、
自由奔放で身勝手だが、その知恵を生かして
人間に光や火や水を与えたりする生き物である
ということを教えられます。

 

その占い師によると、
そう言った、神話などで出てくるカラスの
話は、みちおから教えてもらったものだと
言うのです。

 

吉兆の鳥や勝利の予告
などと神話などで古くから
位置付けられています。

 

そんなカラスのように、裁判官も

人に生きる希望や自由を与える存在
でなければいけない

ということをみちおは伝えたかった
のではないでしょうか。

 

原作を読んでみたい!という方は
電子書籍サービスで読むことができますよ♪

\イチケイのカラスの原作を読みたい!/

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はコミックシーモア公式サイト
ひかりTVブック公式サイトを確認してください。

 

イチケイのカラス|原作との違いやカラスの意味まとめ

・2021年4月期の月9ドラマ
“イチケイのカラス”は刑事裁判官を主人公
として作品。

・原作は2018年に“モーニング”で連載されていた
漫画。

・ドラマでは、
主人公が坂間ではなくみちおである
坂間は男性ではなく女性(黒木華が演じる)
みちおの容姿が竹野内豊と全然違う
ということで、原作と違っているところに
違和感がある。

・カラスの意味は、裁判官が着用する
真っ黒な法服をイメージさせるから。
カラスのように色々な知恵を使って、
人に希望を与えていかなければいけない
などということが含まれている。

 

スポンサーリンク