MIKIKOを辞任させた電通の高田佳夫の経歴は?森喜朗との関係!

mikiko 辞任 高田佳夫
スポンサーリンク
 

東京オリンピックの開会式の
演出チームの責任者を辞任していた
振付師の『MIKIKO』さん。

 

IOCにも演出案が高く評価されていた
にも関わらず、責任者の交代を告げられ、
辞任に追い込まれました。

 

“排除”されたと言っても過言
ではない、電通のやり方に、
MIKIKOさんへの同情の声が
集まっています。

 

晴子
MIKIKOさんを排除、辞任させた電通の
ナンバー2、高田佳夫とはどんな人物なのか?

森喜朗と深い付き合いにあった?

 

ということで調べてみました。

スポンサーリンク

MIKIKOを辞任させた電通の高田佳夫の経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIKIKO先生(@mikiko_san)がシェアした投稿

 

ちょっとした仕草やファッションまでが
おしゃれでかっこいい振付師の
MIKIKOさん。

 

多くのアーティストがMIKIKOさんに
信頼を置き、東京オリンピックの
開会式でのMIKIKOさんの演出に
賛同していました。

 

しかし、コロナウイルスの影響で
東京オリンピックの延期が発表されると
開会式の準備は一旦休止。

 

すると、それ以降、MIKIKOさんへの
連絡は断たれ、その間に他の演出家
が任命されていたというのです。

 

後任となっていたのが
電通出身のクリエイティブディレクター
佐々木宏氏でした。

 

のちに、佐々木氏は渡辺直美さんを
豚に見立てるというひどい演出案を出し
世間の非難をかって、辞任することに
なりました。

 

MIKIKOさんの排除から佐々木氏の
後任任命に至るまで関わっていた
人物が、電通のナンバー2、
高田佳夫氏だということが明らかに。

高田佳夫 経歴

 

高田佳夫氏は
1955年3月18日生まれの
現在66歳

 

新潟県出身で、
日本大学法学部を卒業しています。

 

1977年に電通に入社し、
MIKIKOさんの後任になった
佐々木宏氏とは、電通の同期
にあたります。

 

高田氏は、電通では

メディア・コンテンツ本部テレビ局長
執行役員兼テレビ局長
執行役員兼ラジオテレビ&エンタテインメント局長
常務執行役員
専務執行役員

などを経て

 

現在は代表取締役の一人、
電通ナンバー2として
名前が知られています。

 

ちなみに、とってもややこしいのですが、
嵐の櫻井翔さんの父、桜井俊氏は
株式会社電通の純粋持株会社として
体制を移行した際、株式会社電通グループ
の代表取締役副社長に就任しています。

 

しかし、事業会社として
株式会社電通があり、
そこのナンバー2になっているのが
高田氏というわけですね。

 

今回のMIKIKOさん排除の
報道を見ていると、
株式会社電通グループよりも
株式会社電通の方がすごい黒幕感が
あるんですが…

 

高田氏は、佐々木氏であれば、
電通の同期だし、自分の意のままに
動かせると考えていたようですね。

スポンサーリンク

MIKIKOを辞任させた電通の高田佳夫の森喜朗との関係!

高田佳夫氏は東京オリンピックの
組織委員会会長だった森喜朗
とも深い繋がりがあったんです。

 

同じ六本木の超高級マンションに住み、
家族ぐるみの付き合い
であるとのこと。

 

東京オリンピックは電通の収益に
大きく関係する、と社命をかけて
挑んでいた高田氏は、どんどん
周りから固めていったという感じ
でしょうか。

 

しかし、実は森氏はMIKIKOさんの
演出家としての能力を買っていたんです。

 

森氏はMIKIKOさんに引き続き
演出チームの責任者をお願いしていた
のに、高田氏は後からMIKIKOさんに

「森会長はボケているから、
今の話は事実と違うから」

と佐々木氏を後任とした体制を
譲らなかったんです。

 

人を使うってこういうことなのか?

 

こういうことが電通では普通に
行われていて、結局は東京
オリンピックを使って金儲けする
ことしか考えていないんですよね。

 

そんな裏側を知ってしまうと、
そんなオリンピックをする必要があるのか?
と疑問に感じてしまいます。

 

結局、佐々木氏も辞任し、
最終的に演出チームを統括する
後任は置かないことが発表されて
います。

 

MIKIKOを辞任させた電通の高田佳夫の経歴まとめ

・東京オリンピックの開会式の演出チームの
責任者だった振付師のMIKIKOさんが
チームから排除された。

・MIKIKOさんを排除し、後任として
元電通の佐々木宏氏が任命したのが、
電通のナンバー2とされる高田佳夫氏。

・高田氏は佐々木氏とは電通の同期。
元・東京オリンピック組織委員会会長の
森喜朗氏とは家族ぐるみの付き合い。

・結局佐々木氏も森氏も辞任。
今後、開会式の演出統括の後任は
置かないとされている。

 

スポンサーリンク