岡田直弓(スウィートパワー社長)の顔画像や年齢は?経歴がすごい!

岡田直弓 顔
スポンサーリンク
 

2021年3月に週刊文春で
報じられた、芸能事務所
“スウィートパワー”の女社長の
セクハラ問題。

 

女性タレントに対するセクハラ
疑惑で話題になっているのは
岡田直弓』社長です。

 

今回は

岡田直弓社長の顔画像や年齢、
どんな経歴を持っているのか?

調べてみました!

スポンサーリンク

岡田直弓のスウィートパワーとは?

岡田直弓氏が社長を務める
スウィートパワーは
内山理名さん、桐谷美玲さん、黒木メイサさん
などが所属する芸能事務所です。

 

現在の所属タレントは他の
事務所に比べると少ないものの、
売れっ子タレントが多いんです。

 

個人的に特に注目している事務所
でもあったので、今回のセクハラ報道は
ちょっとショックかも。

 

スウィートパワーは女性メインの
事務所、男性部門としてスパイスパワー
が設立されたのは結構最近の話です。

 

高杉真宙さんが女の子と間違われて
スカウトされ、男だったから、男性部門を
作ったというのが始まりなんですよね(笑)

 

ここ数年だと、岡田健史さんの
スカウトに関するエピソードが
有名です。

 

岡田さんは中学1年生の時に
スパイスパワーからスカウト受け、
野球に熱心だったため、芸能界入りは
断り続けてきました。

 

高校でも野球を続けていて、
ちょうど引退した頃に演劇部に
誘われたのがきっかけで
役者の道を志すことを決め、
スパイスパワーの所属に。

 

岡田さんが野球に一生懸命になっていた
5年間、ずっとスカウトし続けていたのが
岡田直弓社長だったんですよね。

 

岡田さんはデビュー作品が
有村架純さんの相手役、
その後も数々のドラマに引っ張りだこ。

 

まさに売れる人材を発掘する腕が
岡田直弓社長のすごいところなんです。

スポンサーリンク

岡田直弓(スウィートパワー社長)の顔画像や年齢は?

岡田直弓社長の顔画像は
これまでどこにも公表されて
いなかったのですが、

今回のセクハラ騒動で週刊誌に
顔画像が掲載されました。

 

正直、ん?女性?と思ってしまいました…

 

多分、女性社長という情報がなければ
性別は男性だと思っていたと思います。

 

年齢は53歳

 

スキャンダルの記事の内容によると
スウィートパワーは岡田社長の自宅を
寮として、タレントを住まわせているのです。

 

その寝室がダブルベッドになっていて
岡田社長と一緒に生活をするタレントが
1年半にわたって、一緒に寝ることを強要し
ベッドでは手を繋がれたり、セクハラ行為が
あったとのこと。

 

調べてみると、内山理名さんや
所属していた堀北真希さんにも
パワハラやセクハラの噂があったんですね…

 

かわいい子を発掘するのが上手い
からと言って、プライベートに持ち込む
なんて…

 

個人的には、男性部門のタレントは
大丈夫なのかな?と思いました。

 

一般的に考えると、女性社長が男性タレントに
手を出すという方がイメージしやすいので…

 

男性に興味はなく、女性タレントを
狙っていた、という感じなのでしょうか?

 

今回の報道で、スウィートパワーは
セクハラを否定し、週刊文春に対して
「法的措置を含めた対応について
検討している」と発表しています。

 

経歴がすごい!

岡田直弓社長はとにかくこれまで
スカウトし、売れっ子に育て上げるのが
本当にすごいんです。

 

岡田直弓社長は元々は
現在のフォスターの前身である
メロディーハートという芸能事務所で
働いていました。

 

この頃からタレントのスカウトには
定評があり、

1990年代には、Melodyという
アイドルグループで活躍していた
田中有紀美さんや
女優でV6井ノ原さんの奥さんになった
瀬戸朝香さんが
岡田社長が発掘したタレントとして
有名ですね。

 

瀬戸朝香さんのマネージャー
も務めていました。

 

岡田社長が独立し、1996年に
設立したのがスウィートパワーです。

 

女性版ジャニーズと呼ばれるほどの
手腕で業界でもかなりやり手。

 

男性部門も設立して上手く
いっているのは男女問わず、
スカウト力がすごいんですね。

 

でもいくらすごくても、
セクハラや地位を利用した
嫌がらせは許せませんね…

 

岡田直弓(スウィートパワー社長)の顔画像や年齢と経歴まとめ

・芸能事務所“スウィートパワー”の
社長は岡田直弓氏。

・現在53歳で、1996年にスウィートパワーを、
その後、男性部門としてスパイスパワーを
設立した。

・フォスターの前身となるメロディーハートで
働いており、瀬戸朝香さんをスカウトし、
マネージャーも務めていたことが有名。

・2021年3月に発売された週刊文春で
所属する女性タレントへのセクハラが
報道された。

 

スポンサーリンク