小野日子の夫|小野啓一の画像や外務省の経歴!息子の学校は?

小野日子 夫 画像
スポンサーリンク
 

菅総理の長男から接待を受けていた
問題で内閣広報官を辞任した
山田真紀子氏に代わり、

後任で抜擢されたのは
外務副報道官の『小野日子』氏。

 

2代続いて女性の起用
となりました。

 

今回は

小野日子氏の夫や子供について

情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

小野日子の経歴は?

 

小野日子氏は
1965年東京生まれの
現在55歳です。

 

名前の読み方は“ひかりこ”です。

 

一度聞いたら忘れられない
漢字と読み方ですよね。

 

女性外交官として活躍していたので、
海外の方と接することも多いですが、
海外の方は“ひかりこ”とはなかなか
呼びにくいのでは?
とふと、余計な心配をしてしまいました(笑)

 

小野氏が外交官になったのは
女子学院中学校・高等学校時代に
女性外交官の新聞記事を読んだのが
きっかけでした。

 

大学は一橋大学社会学部
卒業していて、同期の三木谷浩史氏
とも親しい間柄であることが知られて
います。

 

小野氏のすごい交友関係のお一人に
皇后雅子さまもいらっしゃるんですよ!

 

皇后さまも外交官でいらっしゃい
ましたからね。

 

外務省入省後のイギリスの
オックスフォード大学留学中に
1年先輩だった皇后さまと
交流があったんです♪

 

女性外交官ってすごくすごく
かっこよく見えますよね!

 

皇后さまも美しいし、
憧れた方も多いのでは
ないでしょうか。

 

外務省ではさまざまな部門、
役職を経験され、

2011年に外務省大臣官房広報
文化交流部総合計画課長、

2012年には内閣官房内閣参事官、
内閣官房内閣広報室内閣副広報官、
内閣官房国際広報室長、

2016年から東京オリンピックの
大会組織委員会の
スポークスパーソンと広報局長を
務めました。

 

2020年から外務省外務副報道官
となり、2021年3月に内閣広報官に
任命されました。

スポンサーリンク

小野日子の夫|小野啓一の画像や外務省の経歴!

小野日子氏は1993年に
外務省の同期だった
小野啓一氏と結婚しました。

小野日子 夫 画像

 

山田真貴子氏もでしたが、
同じ省で結婚される方が
やはり多いんですかね?

 

小野日子氏の夫・啓一氏の
年齢は明らかになっていませんが、
日子氏と同期入省ということなので、
1965年あたりの生まれになる
でしょうか。

 

学歴についても詳しいことは
わかっていませんが、
官僚の中で開成高校出身者が
集まるパーティーで、啓一氏が
司会を務めていたことがある、

ということなので、開成高校出身である
可能性は高いのかなと思いました。

 

外交官になるぐらいなので
大学も、東京大学、早稲田大学、
慶応義塾大学などの有名国公立大学
でしょう。

 

1988年に外務省に入省。

 

アジア大洋州局南部アジア部
南東アジア第一課長、
アジア大洋州局北東アジア課長、
外務省大臣官房総務課長
などを経て、

2020年からは地球規模課題審議官
を務めています。

 

息子の学校は?

1993年に小野日子氏と啓一氏は
結婚し、そこから10年後の2003年に
子供をもうけています。

 

しかも、アメリカ赴任中で
ワシントンで出産されたんです。

 

でも、夫婦が二人とも外交官
ということで仕事が忙しいのは
どちらも同じ。

 

日子氏が忙しい時は
啓一氏が育児をしっかりと
こなしてくれていたんだそう
ですよ♪

 

出産して帰国してからは365日
24時間対応の保育園を利用したり、
小学校では民間学童、両親やママ友など、

頼れるところは全て頼って
仕事との両立のために育児を
されてきました。

 

息子さんは現在17歳くらい
ですね!

 

中学になるタイミングから、
インドネシアへ家族みんなで
赴任し、息子さんは2019年から
シンガポールの学校に通っています。

 

現在帰国しているのか?は不明ですが、
日子氏が内閣広報官となり、外務省の
仕事から離れたことで、

息子さんも大学は日本の大学に
進学する可能性も高いですね!

 

小野日子内閣広報官がスキャンダルなく
任務を全うされることを期待しています。

 

小野日子の夫|小野啓一の画像や外務省の経歴まとめ

・2021年3月から内閣広報官に任命された
小野日子氏。

・夫は外務省の同期だった小野啓一氏。

・啓一氏はアジア大洋州局北東アジア課長、
外務省大臣官房総務課長などを経て、
現在は地球規模課題審議官。

・二人は1993年に結婚し、2003年に
男の子をもうけ、二人の海外赴任と共に
息子も海外の学校に通っている。

 

スポンサーリンク