青天を衝け|2話の視聴率と感想!ペリー役はモーリーロバートソン!

青天を衝け 2話 視聴率
スポンサーリンク
 

2021年度の大河ドラマ
青天を衝け』がついに
始まりました!

 

2月21日は2話の放送です。

 

コロナウイルスの影響で
放送がずれ込んでいましたが
無事に放送が開始され何より
ですね♪

 

今回は

青天を衝け2話の視聴率や感想、
出演者について

まとめていきます。

スポンサーリンク

青天を衝け|2話のあらすじ

 

栄一は、父・市郎右衛門から藍の商いを、
いとこ・新五郎から読書を習い始めた。

 

栄一は、村祭りで獅子舞を舞うことを
楽しみにしていたが、大人の事情で
祭りは中止になってしまう。

 

がっかりした栄一だが、ある計画を思いつく。

 

一橋家の養子に入った七郎麻呂は、
慶喜と名を改め、将軍・家慶から
実子のようにかわいがられていた。

 

実父の斉昭(竹中直人)は、
息子を頼みの綱に政界に
返り咲こうとする。

 

そんな中、ペリーが日本に
やってくることになる。

 

視聴率は?

初回の視聴率は20.0%
と好発進!

 

吉沢亮さんの人気と、
人気の時代背景
というのがあるからでしょうか?

 

この後も色々な有名な人物が
どんどん出てくるので、
誰がどんな役をどんな風に
演じるのかは楽しみですね!

 

2話の見どころは、成長した
慶喜を演じる草なぎ剛さん。

 

何と、実年齢46歳で
16歳を演じるとか!?

 

まぁでも、慶喜は幼少期から
真面目であまり子供らしい
ところが見られなかったので、
16歳という年齢も意識せずに
見られるかもしれませんね。

 

【追記】

2話の視聴率は16.9%
でした!

 

感想!

幼少期から、ちょっとした恋心も
描かれていて、それがとっても
微笑ましく見られた回でした。

 

それにしても昔の人は本当に
よく働くな、と思うようなシーンが
たくさん描かれていましたね。

 

土木作業をした後に蚕の
刈り取りだとか、夜遅くまで
働く姿がとてもかっこよく映りました。

 

老若男女、みんなが一緒に
同じことに向かって働く姿は
生き生きとしていて、一体感が
あります。

 

そりゃ子供たちもあれだけ素直に
育ちますよね!

 

もう子役から成長してしまったのは
少し残念でもありますが、それぞれがきちんと
幼少期からの性格を受け継いで演技を
されているのが素晴らしかったです。

 

千代役は子役の子からめちゃめちゃ
かわいかったですが、橋本愛さんが
すごくおしとやかに演じられていたのが
特に好印象でした。

スポンサーリンク

青天を衝け|2話のペリー役はモーリーロバートソン!

2話では黒船来航が描かれ始めます。

 

栄一はこの頃13歳、14歳くらい?

 

役者も吉沢亮さんへと成長
していったところですが、

今回、ペリーを演じるのは
国際ジャーナリストで多くの
番組に出演している
モーリー・ロバートソンさん。

 

これまでの大河ドラマでも
黒船来航を描いてきた作品は
たくさんありますが、
あまり著名な方がペリーを
演じていた記憶があまりありません。

 

今回はモーリーさんが演じるということで
出番も多かったりするんでしょうか?

 

それにしても、カツラをつけて
いるだけで、全然別人のように
見えるのは私だけでしょうか?

 

見たことあるけど誰だ?
ぐらいな感じで思った方が
たくさんいそうな気がします!

 

放送前の時点ではモーリーさんが
演じるペリーに期待する声がとても
多いですね!

 

・英語を喋るモーリーさんが新鮮
に思えるのではないか?

・ペリーと顔が似ている

・ペリーが来航した時の年齢と
モーリーさんの現在の年齢が同じ

 

という感じで共通点があったり
雰囲気がピッタリだったり、
どのくらい出番があるかは
わかりませんが、

彩りを添えてくれることに
なるのかな、と期待しています♪

 

栄一の幼少期を演じる子役さんは
こちらの記事でチェック!

 

青天を衝け|2話の視聴率と感想まとめ

・2021年2月21日に青天を衝けの
2話が放送される。

・初回視聴率が20.0%という好発進で
2話以降も期待。

・2話では成長した栄一や、慶喜、
そして黒船来航のペリーの出演が楽しみ!

 

スポンサーリンク