青天を衝け|1話の視聴率や感想は?吉沢亮の子役は誰?

青天を衝け 1話 視聴率
スポンサーリンク
 

2021年のNHK大河ドラマは
青天を衝け』。

 

吉沢亮さんが主人公・渋沢栄一
を演じます。

 

新型コロナウイルスの影響で、
2020年の麒麟がくるの放送が
ずれ込んだため、2月14日が
初回放送となりました。

 

今回は

青天を衝けの1話の視聴率や感想、
初回ならではのキャストについて

まとめていきます。

スポンサーリンク

青天を衝け|1話のあらすじ

 

栄一は、武蔵国血洗島村(現在の
埼玉県深谷市)の養蚕と藍玉作りを営む
農家の長男として生まれました。

 

人一倍おしゃべりの剛情っぱりな栄一。

 

ある日、罪人が藩の陣屋に送られて
きたことを知った栄一は、近くに住む
いとこの喜作らと忍び込もうとたくらみます。

 

江戸では、次期将軍候補とすべく、
水戸藩主・徳川斉昭の息子・七郎麻呂を
御三卿の一橋家に迎え入れる話が進んで
いました。

 

視聴率は?

大河ドラマの視聴率って
20%を超えるものがほとんど
だったイメージですが、

最近は視聴率も少し
伸び悩んでいる気がしますね。

 

私が一番大好きな大河ドラマは
篤姫で、そこから大河ドラマを
見るのにもハマってしばらく
見ていたんですが、

今、視聴率をチェックしてみると
私が見ていておもしろいと思って
いた作品は視聴率が
17%〜20%くらいで、

最近見ていないうちに、かなり
視聴率も低迷していたんですね。

 

いだてんに至っては平均視聴率が
2桁にも届いていなかったようで。

 

今回の青天を衝けはどうでしょうか?

 

個人的には幕末〜明治の話が
本当に大好きなので、久しぶりに
とても楽しみにしているんですが、

篤姫が視聴率20%超えが続く
人気作品で、同じくらいの時代を
描く作品なので、

青天を衝けの視聴率も
期待できるかなと思いました。

 

【追記】

1話の視聴率は20.0%
でした!

 

大台に乗りましたね!

 

感想

早速1話を見てみた感想ですが、
風景がとってもキレイで引き込まれました。

 

あの緑豊かな映像。

 

子どもたちが走り回りたくなる
のもわかる!

 

そしてやっぱり初回で素晴らしいのは
子役の演技ですよね!

 

栄一役の子役のハキハキとした
喋り方が、おしゃべりな感じが
伝わってくるし、

蚕は気持ち悪かったけど、
蚕と栄一のダンスのシーンは
とってもかわいかったです。

 

子役で注目は一橋慶喜。

 

すごくイケメン。
慶喜って本当に期待されて
育てられて、外の世界を知っている
ような知らないような…

 

私の中ではどうしても篤姫の時の
平岳大さんが思い浮かぶのですが、
THE 真面目って感じの雰囲気は
育てられ方にあったんだなーと思いましたね。

 

今回の大河はやっぱり幕末〜明治の
時代の変化が大きいところなので、

壮大な、人々の感じ方や考え方も大きく変わる、
明るさが感じられるドラマになるのでは
と1話を見て思いました!

 

徳川家康が毎回出てくるのかも
注目ですね(笑)

スポンサーリンク

青天を衝け|吉沢亮の子役は誰?

大河ドラマや朝の連続テレビ小説の
初回や初週で注目されるのは
子役の存在ですよね!

 

今回も、渋沢栄一の幼少期を
演じる子役には注目です♪

 

予告を見ている時から、
何てかわいい子が出てくるんだ!
とそれも楽しみの一つでした。

 

渋沢栄一の幼少期を演じているのは
子役の小林優仁(こばやしまさひと)くん
です!

 

青天を衝けの栄一役でも
目が大きくてかわいい子だなー
と思っていたんですが、

インスタグラムのオフショットを
見ていると、役作りのためか?
髪の毛が長くて本当に女の子みたい!

 

もうすでに顔が出来上がっている
ような、ジャニーズにもいそうな
顔だなーと思いました。

 

詳しいプロフィールは
こちらの記事にまとめています!

 

青天を衝け|1話の視聴率や感想まとめ

・2021年のNHKの大河ドラマ“青天を衝け”が
2月14日からスタートする。

・大河ドラマの初回視聴率は
20%を超えるものが多かったが、
近年は少し伸び悩んでいる。

・幕末〜明治の時代の話は
人気があるので、視聴率も良いのでは?

 

スポンサーリンク